施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。

基礎知識や選ぶ基準

女性

2種類の施術方法とクリニックの選び方

美容整形外科でほくろの治療する場合には、大きく分けて2種類の治療方法があることを理解しておく必要があります。一つ目は、昔から行われている切除法になります。切除法は、ほくろの部分をメスで取り除く手術方法です。メスを使いますので、多少血は出るものの最近は止血方法なども進化しておりあまり血が流れないように施術をする傾向があります。痛みを伴うイメージがあるかもしれませんが、実際にはほとんど痛みが伴わないでしょう。なぜかといえば、麻酔を行うからです。そうすると、麻酔自体が痛いのではないかと不安に感じる人もいるかもしれませんが実際に麻酔自体はほとんど痛みが伴わないものも多いです。なぜ麻酔に痛みが伴わないかといえば、注射針自体が非常に細く進化しているからです。また、美容整形外科やクリニックによっては、しびれ薬をくれるようなところもあります。そのような場合には、注射をしたかしないのかわからないうちに麻酔が終わっている可能性が高いです。もう一つの方法は、レーザー治療と呼ばれる方法になります。レーザーを当てるだけですので、短時間で終わるのが大きな特徴です。基本的に、小さなほくろの場合にこの方法を採用する美容整形外科が多くなります。

ほくろの治療する場合のクリニックの選び方は、信頼できるところを選ぶのが一番ですが初めて通う場合には一体どこに通ったらよいのかわからないはずです。そこで、まず口コミで評判をチェックしてみましょう。実際に通ったことがある人がいればその人に聞いてみてどのような美容整形外科がよいのか、あるいはクリニックがよいか聞いてみることです。また、最近はインターネットで口コミや評判などが出ていますのでそれらを参考にしてみてもよいかもしれません。次に、カウンセリングをじっくりと行ってくれる所かも気にしておくべきです。カウンセリングをしっかり行ってくれるところは、治療方法なども丁寧に説明してくれるだけでなく、患者が不安に感じているようなことに対しても明確に答えてくれます。そのため、不安に感じている人もカウンセリングを受けただけで安心することも少なくないでしょう。それ以外では、ほくろ治療のアフターフォローがしっかりしているかも確認しておかなければいけません。例えば、副作用などが起きてしまった場合それに十分に対応してくれる美容整形外科ならば安心できます。

鏡を見る女性

使用する機器を意識する

ほくろ治療の際にはレーザーが使うのが一般的ですが、レーザー機器といっても様々な種類があります。皮膚科を選ぶ際にはその皮膚科が使用しているレーザー機器のことを知るのも大切です。ほくろの治療はレーザーで簡単に行えます。
看護師

予約から来院まで

炭酸ガスレーザーを使用したほくろの治療は、最も手軽に受けられる方法です。小さなほくろがたくさんある場合に適しています。またほくろの状態に合わせて治療法を選んでいきますが、大きな場合はくり抜き方法が選ばれる場合もあります。
女性

除去する前に

これからほくろの治療を考えている場合、切除法とレーザーによる治療の2種類があることを理解しておく必要があります。いずれにしても、痛みが伴いにくく時間もかからないのが特徴になります。料金は、切除法の方が高いですが保険が適用されます。
看護師

レーザー法と切縫法

美容整形でほくろを切除する治療法は大きくレーザー法と切縫法の2種類に分類することができます。その使い分けは主にほくろの大きさ・深さ・濃さなどによって判断することがほとんどで、どちらも手術痕などほとんど目立ちません。
女性

診察や検査に時間を掛ける

盛り上がっているほくろや、大きめの形状の場合は、炭酸ガスレーザーや手術による治療が中心になります。盛り上がっている場合は、レーザーを患部に照射して、平たい形状に削っていきます。手術に比べると傷跡が残りにくく、傷の治りが速いのが特徴です。

Copyright© 2019 施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。 All Rights Reserved.