施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。

診察や検査に時間を掛ける

女性

炭酸ガスレーザーや手術などがあります

ほくろは一般的な皮膚の病変なので、誰でも顔や首、体の部位などにあります。数が多かったり、皮膚から盛り上がっていると、見た目の印象が悪くなってしまいます。美容皮膚科のクリニックでは、ほくろ除去の治療を行っています。完全予約制のクリニックが多いので、事前に予約を入れておくとカウンセリングや診察、病理検査などが受けられます。ほくろの大きさや深さ、数によっても、最適な治療法が違ってくるので、納得が行くまで説明を受けることが大事です。黒っぽく、皮膚から盛り上がっているほくろの場合は、手術や炭酸ガスレーザーによる治療を行います。炭酸ガスレーザーは、盛り上がっているほくろに照射をして、平たく削っていきます。手術に比べると、傷跡が残りにくく、傷の治りが速いなどのメリットがあります。直径が5?以上の大きい形状の場合は、切除して縫合をする手術を提案してくれます。電気メスを使って、健康な皮膚の部分も取り除く方法です。レーザー治療に比べると、傷跡が残るので丁寧に縫合を行います。なるべく傷跡が目立たないように、配慮をしてくれます。

ほくろは比較的小さい形状だったり、色が薄い場合は、炭酸ガスレーザーやレーザー治療を行います。レーザー治療のメリットは、比較的短時間で終わるため、体に負担が少ないのが特徴です。切除をして縫合する手術に比べると、仕上がりが美しいのが特徴です。美容皮膚科のクリニックでは、5?以下の小さいほくろの場合は、レーザー治療を進めることが多いです。首や顔、胸元などに目立つほくろがあると、コンプレックスを感じている人が多いです。レーザー治療を受けた後は、数日を経過するとかさぶたになって、剥がれ落ちてきます。施術を受けた後は、皮膚が大変デリケートになっているので、肌色の絆創膏を付けたり、患部に化粧品が付かないように注意をする必要があります。美容皮膚科のクリニックでは、レーザー治療の場合は、保険適用が受けられないことが多いです。信頼できる美容皮膚科のクリニックを選ぶと、費用についても詳しく説明をしてくれます。無理な勧誘などがなく、最新の医療機器を導入している所がお勧めです。

Copyright© 2019 施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。 All Rights Reserved.