施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。

使用する機器を意識する

鏡を見る女性

最適な施術を受けために

ほくろはその人の印象を左右する要素ですので、気になる人は除去しすると良いです。ほくろ治療ではレーザーによる治療が主流となっています。レーザーで除去できるのは表皮より少し下までです。これより深いとメスなどを使用して除去します。レーザーでほくろを取り除く場合は事前に麻酔をするので、施術の痛みの心配をしなくて済みます。小さなほくろを除去した後は、絆創膏を貼る必要はないぐらいです。除去のための手術時間も短くて、施術後は炎症を抑える薬を塗るぐらい済みます。除去した後の翌日から通常のメイクも可能となります。レーザーを照射した場所には赤みが残ることがありますが、どのくらいの期間赤みが残るかはその人の体質によって異なっています。ほくろを切除する時は皮膚科に行き、カウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングで自分に合う切除法を選びます。レーザーを使用する方法は痛みもなくて施術が短時間で済むので需要が高いです。大きめの場合はメスを使用する場合もあります。

炭酸ガスレーザーはとても優れていて、盛り上がったほくろなども除去することができます。レーザーによって治療する部分を蒸散させられます。レーザーを使用する時は照射モードの切り替えが行われます。除去した後にその箇所を滑らかにするためにレーザーを再び当てます。この時にレーザーの照射モードを切り替えます。除去した時と別のモードでレーダーを照射すると除去した跡が滑らかになります、皮膚科で使用するレーザーには様々な種類があり、その性能は機械によって異なります。皮膚科のレーザー機器は進化していて、スキャナー付きの炭酸ガスレーザーなども登場しています。こうした高性能なレーダーによって、より均一な深さで組織を除去することができるため、より綺麗にほくろを除去できます。皮膚科を選ぶ際にはどのようなレーザー機器をその皮膚科が使用しているかを知る必要があります。ほくろ治療をしたい時は皮膚科に関する情報を得るのが大切です。カウンセリングでレーザー機器に関する説明を受けるのは重要です。

Copyright© 2019 施術をする場合に施術方法を知っておくだけでなく、美容整形外科の選び方を知っておきましょう。 All Rights Reserved.